魔法のカードが悪魔のカードに

 

ATMのイラスト生活のため、お給料だけでは無理だったので転職するまでの生活費を、軽い気持ちで借りました。でも返済のためにATMの前にいくたびに自分がダメな人間に思えて情けなかったです。早く返さなきゃ…と思いながらも、ちょっとだけまた借りてしまうことも繰り返してたので、早くこの生活から抜け出したいと思ってました。
すごく矛盾してるとは思うけど…。
キャッシングカードは魔法のカードのように思えて、甘えてしまう自分もいました。「ダメだよー」と思いながらも、欲しいものを我慢する意思も弱くなっていってたし、ある意味悪夢のカードです。
「ちゃんと返済しきってしまおう!」と決めてからも、何度かまた借りてしまいました。でも残高が減っていくのを実感しはじめてからは、それが楽しくなって、追加で借りることはなくなりました。
本当に必用な人もいるので、キャッシングが悪いこととは思わないけど、借りなくて済むなら借りない方が良いですよね。利息もバカにならないし。
私は意思が弱いので、返済完了まで時間がかかってしまったけど、よい経験になったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)