管理職になるとキャッシングせずにおれません

ビールと焼き鳥

管理職になったとたんお付き合いが多くなって小遣いが毎月足りません。営業の管理職は数字を作ることも大変ですが、お客さんとの付き合い部下との飲み会など付き合いが大変です。ちびりちびりと使っていても、回数が多くなると大きな金額になってしまいます。

月給の小遣いではやりくりつきませんから、ローンカードを使ってしまいます。これでキャッシングしなかったら管理職の仕事はできません。辛い思いをしてお付き合いしているのですが、お客さんとの付き合いでは絶対嫌な顔をしてはなりません。接待の態度が悪いとの話が役員クラスに聞こえてゆけばいっぺんに閑職に回されてしまいます。それは避けねばなりません。むりやりにキャッシングをしてお客さんに愛想することが大切なのです。

この前は12月のボーナスで30万円をキャッシングの返済に回しました。30万円はかなり痛かったですが、営業の業績が良くてかなりの上乗せ分があり30万円をペイすることができました。しかしいつもいつもこうなるとは思えません。自分のボーナスのために営業担当者の尻を叩くわけではありませんが、わずかながらその思いがあるのは確かです。

12月のボーナスでキャッシングの残高はゼロになりました。しかしそれ以降また残高は増えつつあります。7月のボーナスまでにどれだけの残出すかになるのかと思うと怖い気がします。ローンカードのキャッシングには助けられます。これからも愛用せざるを得ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)