生活のために借りたお金で生活が苦しくなる

¥のマーク

主人に分からないように生活費として借りました。総額20万です。でもこの20万、毎月13000円ずつの返済で、元金が1万減る予定でした。毎月1万なら…軽い思いで、足りない出費を補うために借りましたが、いざ返済となると毎月13000円が思ったより難しく、1ヶ月遅れてしまったことがありました。

すると元金が全然減らず…そこからが本当に大変でした。元々生活費に余裕が無いのにさらに圧迫され、借りたのは一体何だったのかという感じです…。

よく調べもせず借りてしまった。「たった20万だから」の、安易な気持ちが返済を長引かせ、今もなお返済中です。

そして私が何よりも失敗したのが、内緒にして借りたことです。内緒だった為、ばれずに何とか毎月やりくりをして返済をしている為、余計に家計を圧迫しました。毎月返済すると、次の月には1万円がまた借りれる枠としてできるので、それを知った時、1万だけなら…とまた借りてしまい家計をやりくりしたのが現状です。

しかし、実際には借金が減る事はなく、借りた当初と何も変わらず毎月ただただ、13000円のお金を捨ててるようなものだと気付きました。丁度その月に主人に借り入れしていたこどが分かってしまい、大変な事になりました。正直に話し、今はしっかりと毎月返済をしてますが、それでもまだまだ終わりません。

今回、元々は生活費が足りず借りたこの金額、今思えばそもそもが20万も必要無かったし、借りるとどうなるかということを、よくわからずただ埋め合わせにという安易な気持ちで動いてしまった行動が、周りに迷惑をかけてしまい、結局生活が楽になってないことがよくわかり、本当に馬鹿なことしたなと反省しました。

この返済が終わったらもう2度と借りることはないです。返済期日が少しでもすぎると電話もかかってきます。ハガキも届きます。ましてや嘘をついての借り入れは自分を苦しめるだけです。相手がいる場合は、信用も無くします。もし借りようとしている人がいたら、もう一度、今すぐ絶対に借りないといけないから考えてみてほしいです。生活力のない人程、借りようとします。

絶対に追いつかなくなると思うしづらくなるので私の失敗談が誰かに届けばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)