気が付いたら数年経って返済も終わっていました

引っ越しの車
一人暮らしで賃貸に住んでいた際、その家を更新して住み続けるか、いっそ引っ越すか悩んでいました。あまり住み心地がいいところでは無かったので引っ越したい気持ちの方が大きかったのですが、先立つものが無くては引っ越そうにも引っ越せないのでその面でとどまってしまっていました。

敷金礼金なしの物件も最近は多いですが、蓋を開ければ結局それなりに引っ越しは費用がかかってしまいます。親に借りるという選択はしたくないので、私の場合は残るは銀行のカードローンから借りる・・・しかなかったのですが、まとまって借りて淡々と一定の少額だけ返せばいいというのがどうにも胡散臭く感じられてしまって、金利のこともそうですが悩みました。

返済額は無職にでもならない限り返していける額なので問題なかったのですが、一度借りてしまうとまた次も借りる、借りることに抵抗がなくなっていく気がして不安もありました。結局割り切って銀行から借りた際は冷や汗をかくくらい大金で、妙に緊張しましたが、最終的には借りたおかげで引っ越しも出来て、以前より良い環境に身をおけるようになったことで気持ちも安定した気がします。

毎月淡々と一定額が引き落とされていくだけなので、気が付いたら数年経って返済も終わっていました。最終的には金利で取られている分が損していることになるのでしょうが、まとまって必要だったときに借りられたこと、返せる当てが確実にあれば怖いものではないこと、金利手数料と引き換えですがその金額が自分を良い方向へ導いてくれたから、借りて良かったと思えているんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)