安易に考えてキャンシング利用

新郎新婦のイラスト同じ月に結婚式が3件もあり、ご祝儀を用立てる為に初めてキャッシングしました。借りた月が12月だったということもあり、忘年会やクリスマスと出費も重なり過ぎており、通常の時期であれば余裕ができるから、すぐに返せるから大丈夫だと思い、安易な気持ちで借りました。

借りる額もATMの前に立つ瞬間まで全く決めておらず、取り敢えず余裕を持っておいた方がいいかなと、これまた安易な考えで10万円をキャッシングしました。

即座にお金が出てきて、いとも簡単にお金が手に入ったような不思議な感覚に陥りました。

その後はそのお金のおかげで何とか年を越せました。しかし、翌月、新年会なども重なり再び予想外の出費ばかり。銀行の残高も少なくなってきた月半ばにカードの請求書が送られてきて愕然としました。なぜなら先月にキャッシングしたことをすっかり忘れており、返済にあてるお金を全く考慮してなかったからです。

ギリギリながらも何とか返済に充てれるだけの金額がピッタリ残っていたので、給料日までの半月をどうにかこうにか乗り切り、無事に完済することが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)