多重債務を任意整理で解決した過去

ATMに吸い込まれるお札両親が基本は無職でお金が無くなるとアルバイトをしたりしながらの生活をつづけていました。サラ金数社に手を出してどこも借りるところがなくなったころに、当時社会人となっていて別居していた僕に困ったからお金を工面してほしいと言われたことが、僕が借金することになった最初のきっかけです。

最初は銀行系のクレジットカードでお金が借りられることを知っていた僕は、限度額の30万円を借り両親に渡しました。金額が少ないことから月々の返済は考えていたほど苦痛ではなく、また、両親からも10万円くらいはかえしてもらったので6か月程で完済しました。簡単に返済できたことと負担が大きくなかったことが僕の理性を破壊してしまったのかもしれません。

完済後、しばらくして両親がまたも30万円貸してくれと言ってきたので気楽に貸してしまいました。前回完済したため借りられる限度額が50万円になってたことも気楽に貸せた要因であったと思います。しかし今回は両親からの返済もなく自力での返済となり30万円を返すどころかお決まりどおりに借金がかさむ結果となりました。

しばらくしたのちに武富士というサラ金からカードを作りまず30万円、限度額いっぱい借りたお金を銀行に返済。そうしたら銀行からの借り入れ限度額が100万円まで可能になり味を占めた僕は同様の方法でサラ金数社(アコム、レイク、プロミス等)から借りまくり気が付けば借金総額は500万円を超えてしまいました。300万円超えたあたりから借金の返済のために借金をするという悪循環に陥り本当の地獄のような状況に陥りました。

月々の返済のため給料15万円分(当時の給料は20万手取り)はATMに振り込む形だけの返済をしすぐ引き出すを繰り返し、ほしいものも買えず給料を貰っても返済で無くなる。頼れる両親も借金まみれで同じ状況。結婚したい相手もいましたが別れる羽目に。病院に入院するも国民年金の滞納で高額医療保障も受けられず。車も何十年の昔の形式の車を3万円ほどで購入したものを乗っていました。40歳になる前に自己破産・任意整理の話を知り着手。そのおかげで月々の返済額も4万円となり無理なく返すことができました。本当にここに書ききらないほどの精神的な苦痛を味わい死のうと何回も考えたこともありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)