危うく闇金に手を出してしまうところでした

ATM操作する人と悪い人私が消費者金融に手を出したのは20を過ぎてすぐでした。その時はパチンコ等のギャンブルにハマってしまい給料のほとんどがすぐ無くなってしまう時が多々ありました。お金に困り軽い気持ちでキャッシングの申し込みをしたところ50万円までの融資を受けることができましたが、あっという間に限度額いっぱいまで使い込んでしまいました。

その後2社目、3社目と30万円ずつ審査に通り、大金がいつでも引き出せる状況に浮かれて、なぜかキャッシングしたお金を自分の貯金から引き出すような感覚になっていました。引き出せる額が少なくなっていくにつれて「パチンコで取り返さなくては!」という気持ちが強くなっていき引き返せないようになりました。

今になって思えばパチンコで100万円も取り返せるはずがないと思いますがその時は感覚が麻痺していて、もしこのお金が無くなってもまた新たな金融に借りればいいかと甘い考えを抱いてました。しかし限度額全てを使いきり新しく借り入れを申し込んだところどこに審査をしてもらっても通らずケータイ代、車や消費者金融のローンの返済日がすぐそこまで近づいて、その時になって初めて自分の借金の額に恐怖を感じました。

110万円は全然返せない額ではなく、まともに働いてしっかり返せば問題はないのですが、また当時の私は間違った方向に進みました。

自分の給料で返済をしようとせず「ブラックでも大丈夫!融資率100%」パチンコ雑誌の裏に掲載している消費者金融からまた借り入れを行い自転車操業の状態に向かっていました。

しかしその会社に電話したところ電話担当者が「当社があなたのブラック情報を一時的に消去しますのでこちらが指定した金融から融資を受けてください。当社からお店に話は通しているので大丈夫なので融資を受けたらその内の3万円を保証金としてお預かり致しますのでもう一度ご連絡ください」と言われ、そのまま指定されたビルの中にある小さな金融屋の事務所に足を運びました。

そこで対応してくれた従業員は見るから暴力団の風貌でその時は恐怖で逃げ出したい気持ちでいっぱいでした。しかし融資を頼んだのに逃げたりしたら何をされるかわからないと思いそのまま受付をしました。怪しげな金融屋でしたが審査はしっかり行っていたようでブラックの私は審査に落ちました。

しかし話を通してるので100%大丈夫と言われたのになぜ落ちたのか気になりもう一度連絡をすると「申し訳ないですがお伝えしたお店を間違って伝えてしまいました。次は大丈夫なのでそこからすぐ近くの〇〇と言う店に行ってください」と言われました。

あまりにも怪しすぎたので遅いのですが闇金についてそこで調べてみたところ、ネットで書かれている【紹介屋】と言われる手口に酷似していたので間違いなくこの部類の闇金でした。今思い出しても知らず知らずに人生のどん底に近づいていたと考えるとものすごく恐かったです。

その一件以来、金融屋から借りることはなくなり少しずつ返済を行い現在は全て返済を終えました。安易な気持ちで借りすぎて自分を見失ってしまう人がいなくなることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)