初めは軽い気持ちで

クレジットカード

私は今、30代の女性ですが、 20代前半からキャッシングのローンをしました。
最初は軽い気持ちで始めました。
大学入学してすぐにマルイカードを作り、審査はサービスカウンターでの親への電話で確認するというものでした。

キャッシング額は限度が10万円で、生活費に当てていました。すぐ限度額になり、もう一枚系列のマルイエポスカードを作りました。このカードは審査が特になく、限度額が20万円で、こちらも生活費に消えていきました。

そのうちアルバイトをする予定だったので、地道に返していけばすぐ終わると思っていました。毎月返済をしていましたが、翌年父の会社が倒産して大学の学費が払えなくなり、奨学金と銀行の学費ローンを借りました。アルバイトは、勉強に支障がない程度にしかしていなかったので、お給料のほとんどを借金返済に当てることになりました。それでも毎月なんとか返しながら卒業しました。

卒業後は就職できず、アルバイトとして会社に入り、毎月の返済をしていました。会社で働き出して5年経った頃に、父の会社の借金が払い終わりました。その後、父にお金の援助をしてもらい、3年後に全ての借金を返済しました。

最初は軽い気持ちで始めたローン生活でしたが、途中で膨大な額に人生お先真っ暗になりました。それでも地道に返していき、節約生活も身につき完済することができて今では良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)