借金額と留年で家を追い出され無職に.

貯金箱と小銭趣味にアルバイトに友好関係で何かと忙しいのが大学生。私も忙しく家に帰らない日が続いていたのですが、遊んでばかりいるとお金は無くなりますし、アルバイトばかりしていると今度は遊びにも行けないししたいこともできない。それでもアルバイトと遊びを上手く両立していた私でしたが、ある時ちょっとお金に困ったので思い切って学生ローンを利用しようと思いました。

申し込んで最初に借りれた額は7万円、そして借りた後はちゃんと毎月一定額を返済していたのですが、しばらくしてまたお金に困った時、私は借りることに抵抗が無くなっていたので、今度はキャッシング会社に連絡。審査が通り10万円の借入ができました。そして一度借りることができてしまうと、今度またお金に困った時にも同じ方法を採れば良いと思ってしまうものです。私は生活を節約するのではなく、いかにキャッシングから借りるかを考えるようになっていました。

結果、キャッシング会社二社から20万円、最初に借りた学生ローンには増額提案が来たときに30万円まで増額して満額の30万円、利息を抜いても50万円の借金ができていました。そしてそんな私が更に自分の首を絞めた行為が、ろくに大学に通わずに留年が確定したことでした。

私の借金額と大学の留年を知って激怒した両親は、私を家から追い出しました。当時その状況で唯一頼れる友人宅にお世話になることになったのですが、家が遠いためその時働いていたアルバイト先を辞めなければならず、当時毎月10万円ほどあった収入は一気にゼロ、無職の状況になりました。もちろん、収入がないので携帯も停まり後に強制解約。

居候させてもらっている友人に携帯電話を借りてなんとかアルバイトを始め、数か月後にはそれなりに生活ができる収入の確保に成功しましたが、それまでに友人にお世話になっていた分の金額の返済が残っていました。と言うのも、私に収入が無くてもキャッシングや学生ローンの返済は必ずしなければなりません。その時に私は月々の返済を友人に肩代わりしてもらっていました。

加えて友人が払ってくれていた家賃や光熱費や食費、私は借金の返済だけではなく多くの物を背負うようになってしまったのです。それもこれも全て自分の行いが悪いので必死に頑張るしかありません。若くしてアルコールとニコチンとギャンブル中毒のような生活を送っていた私は、友人にお世話になってからようやく全てを辞めて健全に生きることができました。

私が友人にお世話になってから働き口を見つけて働き始めるまでに2か月以上、そしてまともな収入を得られたのは働き始めてから3か月、更に自分の稼いだお金で携帯を再契約できたのは働き始めて半年後、借金を完済したのは私が家を追い出されて2年以上も後のことでした。大変な苦労は全て過去の自分のせいであるのはわかっているので、これが完済できたらやっと自分は一人前の人間になれるというモチベーションの元、頑張りました。

様々な苦労がありましたが、借金経験は苦い思い出であると同時に私の成長の糧のひとつと言えます。ですが、助けてくれた友人がいなかったらどうなっていたか、と考えると恐ろしくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)