借金は出だしは些細なきっかけでした

スロット

借金の本当の怖さを実感しました。始まりは本当に些細なことでした。3年前、ギャンブル好きな彼氏が出来たときに私も影響され、手持ちのお金がなくなってしまったときに、所有していたクレジットカードのキャッシング枠を初めて1万円使用しました。

そのときは、あくまでも生活費を一時的に借りて、ちゃんと働いていたので次の給料で一括返済し、ちゃんと終わりにする予定でした。でもそれが私の借金生活の始まりになりました。たかが1万円なので軽く考えていました。一度キャッシングに手を付けてしまうと、困ったときに気軽にお金が手に入る楽さを知ってしまいました。そのときは利子や借金の重さを理解していませんでした。

また困ったら借りて…の繰り返しをするようになり、最初は生活費をキャッシングしていたけれど、徐々にギャンブル代をキャッシングするようになっていました。たまに勝ったら多少返済したり、またギャンブルに使ったり、負けたらまた借りたりと、金額は少しづつ増えていきました。私のクレジットカードの限度額はたまたま大きく設定されており、気が付いたら限度額いっぱいまで借りていました。

私はクレジットカードを3枚所有していましたので全部、限度額いっぱいまで使いました。その頃になると、ギャンブルに依存していて生活費もなく、仕事も休みがちになっていて、生活をキャッシングで賄っている状況になっていました。返済と生活を立て直す為に、一度まとまったお金が必要だと思って、私は別のカードを作りました。

クレジットカードではなく、それは消費者金融です。若干不安に思いつつも、立て直す為に…と言い訳をつけて作りました。結局そのカードもギャンブルに使い切り、多額の借金だけが残りました。このままではまずいと思い、仕事を始めて返済計画をしっかり建てて、考えを改めました。借金の怖さをやっと知ったのがその頃です。返しても返しても利子が大きく、あまり元金は減りません。

毎月の給料の半分以上は返済で消えてしまうので残ったお金で家賃や生活費をギリギリやりくりしています。最低返済金額だけを返していれば、そこまで毎月苦しくはないと思いますが、借金を背負っている現状が嫌で嫌で、早く終わらせたい為になるべく沢山の返済をしています。

きっと最低返済金額だけ返していたら8年以上かかると思います。借金を抱えたままじゃ、結婚も出来ません。当時の彼とは別れて、現在1人で借金返済の為に働いて生活しているような状況です。これが終わらないと新しい恋人も作れないし結婚も出来ません。自分の未来を想像すると、とても怖いです。今はもう後悔しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)