ボーナスで一括返済するつもりが

財布からのぞくお札

私がキャッシングを始めたきっかけは、結婚してから生活費に追われ、余裕が全く無くなった時でした。私ひとりの収入で家計を賄っていましたが、知人の結婚式等の急な出費が重なり、家計が回らなくなった時に、10万円をキャッシングしました。その時は、助かった。ありがたい。と思いました。また、借り入れ額も少ないし、ボーナスで返せばいいとも。しかし毎月の生活は楽になるわけもなく、毎月の返済と生活費で借りる金額が少しずつ増えていきました。結果、気が付くと50万円借りてしまっていました。

そして返す予定だったボーナスが入ると、今度は一括返済でボーナスが消えてしまうことを惜しく感じてしまい、そのままの状態で借り続けました。当時の私は、キャッシングで借り慣れてしまっており、毎月返せてはいるから何とかなるだろうと安易に考えるようになっていました。今考えれば恐ろしい事をしていたと思いますが、キャッシングしている時はその借りたお金が自分の物と思っていたような気がします。

そこからは、ドミノ倒しのように借金が膨れ上がり、最終的には借り入れ額は200万円を越えていました。この時点で初めて、返せないかもしれないと本気で思いました。家族にバレると焦りました。キャッシングをまとめローンに切り替えて、バイトもして、何とか返すことができました。本当に辛かったです。自分で作ってしまった借金とはいえ、本気で返済を始めたら、全く遊べない、家族との時間も少ししか取れない、職場の付き合いは疎遠になる等、良いことは一つもありませんでした。多分、妻は私に言ってきませんでしたが借金の事はバレていたのだと思います。

計画的に借りるのであれば、一時資金として活用するのは、良いと思います。私は、高い授業料を払ったと思いますが、人生のどん底の入り口を少し経験したことで、今の生活設計に活かしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)