キャッシングをして辛かったこと

ATM私がキャッシングをしたきっかけは、転職で給料がかなり下がったこと。転職は1からのスタートとは言え、80,000円ほど下がってしまったので生活がとても苦しくなったのを覚えています。また、給料の支払日も変わってしまったことも少なからず影響しました。

そんな中、生活を立て直すためと決めて12万円借りました。借りるときは、すぐに貸してくれたのですが、会社に在籍確認などの電話があり、とてもヒヤヒヤしたのを覚えています。返済額は毎月5000円でいいと説明を受けましたが、それだと返済が終わるのがずっと先になってしまう。そう思ったので、繰り上げできる月はなるべく繰り上げ返済をして早く終わるように返済していました。

周りにバレるのではないかという恐怖が一番つらかったです。誰にも言っていなかったので、財布の中にキャッシングのカードが入っていることで、これを友達や家族に見られたら終わってしまうということがずっと頭にありました。その思いは、返済し終わった今でも消えません。きっと一生心に残ると思います。

また、返済時にATMに行かなくてはいけないこともイヤで、いつも誰かに見られてしまっているのでは?という気持ちがあり、中で人とすれ違うとなんとも言えない気持ちになりました。そんな思いをしつつ、返済期間は半年ほど。途中で給料が上がるなどしたことで、早めに返済することができました。

途中でコンビニでも返済できることに気づきましたが、最後はきちんとATMに行く必要があり、返済を行いました。ATMで最後に端数のお金を返済し終えたときは、スッキリというよりもホッとしたのを覚えています。

返済し終えた後はカードを解約し、ハサミを入れて破棄し2度と利用できなくしました。もう、利用することはないと思いますが、あれがなければもっとひどい生活になっていたと考えると、いろいろと考えることができ、私の人生を考えさせられた体験だなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)