キチンと使えば案外便利。でも、乱用危険!

頭の痛そうな女性

少ないお給料の上、一カ月に数回の結婚式は、嬉しくもありまずが地獄でもありました。私が持っているクレジットカードのキャッシングを利用したのは、その頃です。

絶対頭に入れておかなければならないのは、自分のお金ではないという事です。最近は銀行のATMから簡単に借り入れ出来ます。自分のお金と錯覚しそうですが、1万出金すれば1万借りたという事。そして返済しなければならないという事。当たり前のことですが、これが頭から抜け落ちて借りすぎてどツボにはまる人は本当多いものです。

本当に大変な時は、長い人生の中で必ずあります。そういう時にキャッシングを利用することは悪いことではありません。使い方さえ間違えず最小限にとどめていれば、キャッシングはとても頼りになるサービスです。推奨しているわけではないですが、助けてもらうという観点からすれば、充分選択肢の1つになると思ってます。

無理しない返済。これも大事な事です。私は毎月の定額制にして、ボーナスなどでまとめて返すようにしてました。絶対注意するのは、キャッシングを趣味に使わないという事です。例えば、洋服買ったりキャッシングして旅行行ったり。あくまで、自分に余分な現金がない時に必要に迫られた場面での最終兵器だと思った方がいいという事です。

お金が必要な時に用意出来ないからとと 必要以上に嘆くのはナンセンスだし、精神衛生上もよろしくないと思います。そんな時は、我慢せず助けてもらった方がいいです。

使い方さえ把握しておけば、やはり便利な物です。賢く使う。これが鉄則だと経験上からも断言できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)