カードキャッシングはリボ返済が助かる。

舞い散るお札

一番初めにカードキャッシングを利用するきっかけになったのは、友人と遅くまではしごしながら飲んで現金を使い果たしたときでした。キャッチに止められ風俗に誘われたときに現金がなく、カードで風俗を利用すると20%の上乗せがあるとのことと、銀行にもさほどお金が入っていなかった為カードキャッシングを利用しました。

はじめは2万円ほどを借りただけでしたが、返済月に一括で2万円返済するとその月のやりくりが困り、また飲みの付き合いも多かったため、それからは返済した分の金額をまたキャッシングするようになりました。何度か繰り返したときには、返済額がいつの間にか4万円~5万円ほどになっていたので、返済方法を月1万円のリボ払いにするようになり、何かお金に困った時にはキャッシングするようになり最後の方は10万円ほどになっていました。

全額を一気に返済することがなかなかできなかったので、月々1万円のリボ返済は非常に助かりましたし、返済計画がしっかりと立てることができ、少し時間はかかりましたが、約1年をかけて全額返済することができました。

若い時には、いろいろと遊びや付き合いも多く、また毎月のお金の使い方がわかっていなかったため、いざというときのカードキャッシングが非常に役に立ちました。返済方法も一度の返済ではなく、リボでの返済が可能なところが、毎月のやりくりに困らず若い時は助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)