まさに自転車操業になってしまった

受話器のイラスト

当時の私は定職に就かない夫がいて安定した収入がなく 生活をするにもままならなかった状況でした。そこで1~2か月分の生活費を借りるつもりでキャッシングを利用。限度額いっぱいの50万円でした。

とりあえずの生活はなんとかなりましたが、返済の頃になりたった1~2万円の返済ができず、また別のキャッシングで借り入れることになってしまったのです。そこでも限度額いっぱいの50万円。トータルで100万円と利息の借金ができてしまったことになりました。

私は仕事をしていたのですが、給与と支出のバランスが崩れてしまい、返済には本当に頭を悩ませました。いったん月々の返済額を返済し、またそこからのキャッシングと、元金が減らないままの状態。そのうち返済を滞る時も出てきてしまいました。

任意返済で、返済できる時には少し多めに返済していったのですが、なかなか残債が減ることもなく、結果的に自転車操業となってしまいました。職場や家にも電話がかかってくるようになり、本当に仕事をしていても仕事に集中できる日が少なくなってきてしまいました。
もちろん家にいても、また催促の電話がなるのではないか?と心配になり、心休まる時もありません。

心身ともに疲れ切っていたのを思い出します。

お金を借りることができて助かったのは助かったのですが、大変な思いの方が多かったです。100万円のうち半分の50万円を返済したころには、正直な話ホッとしたのを覚えています。あと半分!と思いながら、また心配との戦いの中での生活は本当に苦しくてつらかったです。

私に借金ができたことを知った私の家族(母)が、見るに見かねて残債を支払ってくれるという提案をしてくれたのですが、その時の私はすでに成人していて、しかも結婚して外へ嫁に行った身だったのであまえるわけにもいかず、本当に情けない思いばかりが募っていました。
もう少し頑張ってみて、それでもダメだったら、母に頭を下げようと思っていたのですが、母は私が憔悴しきっている様子を見るのがつらいからと言って、残債を支払ってくれました。

この件があってからというもの、私はすっかり肩身の狭い思いをすることになりましたが、催促の電話やはがきからは解放された瞬間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)