「1番の財産は人との繋がり」は本当です

競馬場の様子

私は借金をしていました。もちろん両親、会社の同僚にも内緒です。借金をしたきっかけは会社の先輩に人生初のキャバクラに連れて行って貰った事です。そこで支払いの頃には泥酔していた先輩の分まで支払いをし、生活費が圧迫されて初めは限度額20万円で某消費者金融の審査に通り生活費に充てました。これで次の収入から少し切り詰めて返済すれば問題はなかったのですが「初めて」借りたお金で生活が成り立ってしまったのが問題だったのです。

元々、自炊もせずに毎日外食、買いたい物は高価な物でなければ簡単に買ってましたし、収入に見合っていないとも言える生活をしていたので貯金は皆無、そんな中で収入を越えたお金を手にしてしまった私はついに限界を越えた生活を始めました。 そしてあっという間に限度額を越えた私がとった行動は競馬への投資でした。少額で買っていた馬券も徐々に高額になり、「勝てれば戻る」とそんな感覚でいると次、また次と金融会社と契約、増額を繰り返して半年を掛けて4社約120万円の負債持ちになりそこに来てようやく自身の行いの愚かさと置かれた立場に気付きました。

そこまで来てもコツコツ返済するという思考に向かわず競馬を続けていると唯一現状を知っていた同僚が思わぬ行動に出ました。 「借りた金で競馬なんか行ってんじゃねぇ!」と会社の事務所で言い放ったのです。 あっという間に社内で知れ渡った話は大事となり、当時26歳の私は上司の監視のもと両親へ電話する事になりました。 疎遠となっていた両親に合わす顔が無いと思いながら電話し、助けて欲しいと伝えると父は電話口から怒気の無い口調で「何があろうとお前の親であるからには助ける」と言われました。

この時、上司の前であるのも憚らず涙が出ました。親の無償の愛情を感じ、どうしようも無い親不孝者である自分を酷く小さな人間だと感じました。 結果として借金は1度両親に返済して貰い、両親に最速での返済を約束して節約生活がスタートしました。 今までの自分からは想像のつかない食生活、お金を掛けない暮らしは当初は苦しくて投げ出したくなりましたが慣れれば以前の生活を「まともじゃ無い」と思えるようになり、現在の生活の糧となっています。 当時の経験は家族の大切さと親の偉大さを知るきっかけとなり、自身が家庭を持ったなら父の様になろうと30代を目前に思うようになりました。

旦那の借金を知らずに結婚・妊娠、自己破産

借金のイメージ

結婚後、すぐに旦那さんにたくさんの借金がある事がわかりました。 しかも、会社の先輩の保証人になっているものまであり…。私は妊娠中でしたので、働く事ができず、結婚式を諦め節約して返済する生活になってしまいました。 子どもが生まれてすぐに、保証人になっている先輩が行方不明になってしまい、我が家に男性二人が取り立てに来ました。 その時は、旦那さんが仕事で不在でしたので、とても怖かったです。

その取り立てに来た方たちは「保証人は逃げられないから!また来ます!完済するまで来ますから!」 と言い残して帰って行きました。 帰宅した旦那さんにすべて話して、行方不明になった先輩の親に相談に行くようにすすめ、何とか先輩の親御さんと連絡がつき、親御さんから「自己破産をさせるから、もうご迷惑はお掛けしません。」と言われて安心しました。

ですが、まだ旦那さんの借金問題は片付いていないので、どうするか考えましたが、夫婦二人で働いても返せる額ではなく、我が家も自己破産する事になりました。その時、まだ私は21歳で…友達はオシャレをしたり、ランチや飲み会の話を楽しそうにしていましたが、私は家事や育児、借金返済におわれていて、とても辛かったです。

複数カードローン返済で破産寸前

皿洗いの様子

10年近く前、家の事情で400万円近くの借入をしたことがあります。銀行カードローン2社で210万、銀行系カードローン1社で100万、消費者金融系カードローン2社で80万ほどです。返済は月8万近くにのぼり、当時は実家から離れて一人暮らしをしていたので家賃等の支払いもあり、相当に追い詰められました。

自分では気づかないくらい精神的にかなり追い詰められていた様で、まず不眠症にかかり、次に食欲不振でごはんが食べられなくなり、喉がキュッと細くなった感じで息がしづらい…(ストレスによる自律神経の乱れだそうです)。。このまま行けば自己破産は免れないというところまで行きました…あの時期は本当につらかったです。でも追い詰められるだけ追い詰められたおかげか、普段からは想像もできないような行動力も出てきました。もうやるだけやってやろうという感じです。

まず初期費用の掛からない、安い物件への引っ越し、荷物の運び出しも業者を頼むと高くつくので、友人にお願いし無料で運び出しました。副業がOKの会社だったので休日は単発のバイトを入れ、ケータイ料金の見直し、会社の休憩時間等空いた時間はお小遣いサイトと呼ばれる小銭が稼げるサイトでコツコツと作業…。でもこれだけの作業で、1ヶ月で4万近く浮かせることに成功しました。

あとは本業の給料とでコツコツと返済していき、3~4ヶ月ほど返したところでもう一度銀行カードローンを限度額まで借り、金利の高い消費者金融系のカード1枚(限度額10万)を完済することに成功!!ここまで来ると日々の節約や返済がなんだか楽しくなってきました(笑)一時は限界まで追い詰められましたが今ではいい思い出になった気がします…二度とごめんですが。

軽い気持ち、重くのしかかる現実

封筒に入った3万円

カードによるキャッシングって一見、物凄く便利ですよね。 毎月の収入で『足りないなぁ』なんて時にクレジットカードがあれば街の至る所で簡単にお金が引き出せるんですから。 ……ただ、ソレは簡単操作でお金が引き出せる便利さはあっても、自分の口座にある自分のお金を引き出すのとは大きく違いますから用心しないといけません。

ある日、なんとなく財布の中が淋しくて『飲みに行くお金が足りないな…でも、今月はちょっとお金使い過ぎてるな』なんて思ってクレジットカードをATMに入れて3万円ほど借りてみました。 その時は軽い気持ちでしたし、便利だなぐらいにしか感じていない上に一括払い、リボ払い、分割払いの違いなんて気にせずにでしたから、毎月定額で返せるならリボ払いな感じで借りました。 勿論、遊びの為に借りたお金なので使うのはほんの一瞬ですよね。

軽い気持ちで借りてみたものの、結局はキャッシング=借金ですから、返済義務が生まれるし、当たり前に返済期限も生まれます。 返済しなければならないという思いが生まれたら正直、入ってくる身入りと返済日までに返済しなければならない金額を差し引いて考えたら色々と欲しい物ややりたい事、生活面を我慢して返済に充てないといけない重い現実との差し引きなんかがあって後々がキツイです。 消費者金融会社のCMで『御利用は計画的に』って言いますが、正にそのとおりだし、なるべく御利用しない方が良いです。

返済時に苦しい思いをした経験から、自分はクレジットカードを作る時にはキャッシング枠を0にしています。 クレジットカードも身の丈に合った使い方が大切ですね。

催促に怯え続けた2年間でした。

借金で頭がいっぱいの男性

キャッシングをしたきっかけは、ちょうど給料日前でお金がないときに、ゴルフや接待、友人との飲食が続いてしまった時に借り入れを行いました。最初はすぐに返済できると思い安易な気持ちで借りてしまいました。金額は10万円で、月々5000円くらい支払っていました。一度、手続きをすると後はコンビニでもキャッシングができるようになり、簡単に利用できました。利用しやすい反面、意志が強くなければ、直ぐに借り入れできる環境だったのです。

その為、お金が無くなれば直ぐに借りるようになり、元本も減るところか増えていく一方でした。ちょっとづつ増え続け、とうとう満額まできてしまい、月に最低支払うお金も用意できなかったので、もう1社から借りてしまいました。気づいた時には、2年間でクレジットカード会社も含め7社で450万円まで借金をしてしまったのです。支払期日が迫ってくると精神的にすごく不安な状態になったのを今でも覚えています。

催促の電話も毎日かかってくるようになり、最終的には職場の方にもかかってきました。居留守を使ったりしましたが、催促状も家に届き身動きが取れない状態になりました。弁護士にも相談して債務整理をしようと思ったのですが、そのお金すら払えず途中で解除されてしまった状況です。日々、お金のことでどうしたらいいか、破産した方が良いのかと考えるようになり、最終的にはダブルワークをし寝る間を惜しんで返済しました。日々の取り立ての圧力にはすごく精神的に追い詰められ、誰にも相談できなかったことが一番つらかったです。

私が、もしお金に困ったら銀行系にします

ATMのボタン

過去に、お金に困った時には、クレジットカードのキャッシングを使ったことがあるのですが、金利が高く、もう少し考えて利用すれば良かった経験があります。 キャッシングはクレジットカードについているものなので、いちいち、ローンのように申し込みをしなくてもいいので便利ですね。でも、長期に借りたいとか、もう少し低金利なら、銀行のローンを利用したほうが、金利も安く、また、働いていない主婦やパートの人でも借り入れができるものがあります。

審査があるので、急な出費には対応出来ませんが、保険代わりに申し込みだけしていてもいいかもしれません。私は、以前の経験を踏まえて、銀行のカードローンを利用しました。審査に時間が掛かりましたが、他の人に知られることなくその提携している銀行のATMで借り入れし、返済することが出来ました。

もちろん、本当に最低限必要な金額しか借り入れしないこと。計画的にきちんと返済することは、絶対ですが、なるべく早く返済すること。今の生活を見直し、収入を増やし、無駄な出費は節約して生活そのものを変えていくことが、大切でなるべく今後は、借り入れしないことはいうまでもないと思います。

節約を行ってローンを早く完済できた体験談

料理の本

私はローンを早く完済する為に、日々の生活の節約を重視しました。その方法としましては、先ず自分の収入をきちんと把握し、毎月かかるお金についてもリスト化を行いました。そのリストに基づいて、節約出来る部分をしっかりと把握し、その部分についてどうしたらもっと出費を抑える事が出来るのかを確認しました。

先ず光熱費の節約。無駄な電力の削減や、水の使い過ぎに注意するのは基本です。食費につきましても、私は一人暮らしですので、食材を食べきれずに廃棄してしまうことも多かったのですが、食材の分量を考えて買い物や料理をする事を意識しました。

最初はうまくできなかったため、料理番組や料理本を使って、分量を考えて買い物する事にしました。食べきれない食材の廃棄の無駄を無くすようにしたのです。また、仕事の昼食には毎日外食やコンビニでの買い物が多かったのですが、これも削減する為に毎日お弁当を作り持参するようにしました。私は喫煙をしますが、節約前は1日3箱吸っていましたが、これを機に1日3本にしたのです。これらの事を行う事によって本来なら2年で完済する予定が6カ月で完済する事が出来ました。

カード管理の甘さを悔やむ日々です

頭を抱えてうつむく女性

カードは持っていたのですが、ずっと使わずこの先も使う事はないだろうと思っていました。ですが、車検を取るのに12万程かかると言われ、子供の進学も重なり、仕方なくこの時初めてカードを使いました。毎月1万づつ支払えば大丈夫と思い返済を初めました。ある日長男にサイトで買い物をしたいからカードを貸してくれと言われ、カードの認識の甘かった私は暗証番号と一緒に渡しました。長男の使った額は最初の月は少しでした。ところが次の月にワクいっぱいの30万の利用の明細書が届いたのです!

驚いて理由をきくとパソコンにカードの番号を入力してそれで使った。バイトして返すからと言うのです。大学生とはいえ未成年。しかも自分の子供。カードの管理のあまかった私。主人にも話せず、返すと言う言葉を信じました。その頃長男はパチンコを覚え、私に返すどころか消費者金融3社で30万の借入をしていました。その借金を返さなければいけない、パチンコはしたいで、大学の授業料のための奨学金にまで手をだしたのです。

通帳は私が管理していたのですが、自分の持っている通帳の口座に変更して20万使い込んでいました。次期の授業料の支払いに20万たりません。私は新たに20万カードからキャッシングしました。長男のおかげであっという間に50万の借金を背負う事になってしまいました。仕事も辞め専業主婦となっていたので毎月苦しい日々です。意を決して主人に話しました。主人は聞いて聞こえないふりで何の手助けもしてくれません。大学を辞めさせて働かせたいのですが、それに関してだけ反対する主人。最近は体調にも変化がおきはじめています。

一人暮らしで毎月遅れて払うローン返済。

重労働のイメージ

私は以前正社員として働いていました。その時にローンをいくつか組んでおり、4社合わせて全部で総額200万円近い金額でした。しかし、夢を追うためローンを組んで2年ほどしてから上京し、正社員の職を捨てアルバイトの生活を初めて1年ほどした後、やはり月に4万円近くの返済は苦しくなっていきました。

都会は家賃もその他いろいろなものが高く、当初組み立てていたローンの返済予定がどんどんと遅れていき、毎月1か月遅れで何とか支払いをする日々。アルバイト二つの掛け持ちで、ボロアパートに住み、貯金を作る余裕もなく週6日働くなど、心にも体にも余裕のない日々を送りました。これでは体が持たないと思い、時給が少しでもいいバイトへと転々としていく毎日でしたが、それでもローンの支払いは遅れており、日雇いのバイトも、空いている日に入れて3週間働きづめをして、1日休みを作ってという生活を2年ほど送りました。

昼の仕事と夜の仕事の掛け持ち、短期の日雇いバイト、苦しいのは今だけだと2年頑張り続け、少しでも貯金ができれば、繰り上げ返済をして合計5年、200万円の借金を無事完済しました。正社員をしていればそこまで苦労することもなかったのでしょうが、アルバイトで生活が不安定な中、あえて貯金を作るという選択肢を捨て、繰り上げ返済をしたことで利子も少し払わなくて済んだことはよかったと思います。

貯金を作るという選択肢もあったのですが、その日暮らしでも、借金が返済完了すればその分時間にゆとりを持って稼ぐことができるとも思ったので、お金のないときは土日に単発のアルバイトを入れて週に2万円ほど稼いでは、翌週の生活費と少したまればローンの繰り上げ返済に充てました。

売れるものは売る、買えるものは必要なもの以外は余裕ができてから買う。必要以上に物を買わない。食料は安いところで買う。外食は控える。これをするだけで月に1万円以上の娯楽費や生活費を削りました。家計簿を作って、どれくらい月に削れるお金があるのかを計算し、削れるものはとことん削り、苦労した分、ローン返済完了後に少し余裕のできた部分で遊びに行ったりするようにはなりましたが、このことで身に染みて感じました。

未来はどうなるかわからない。その時を基準に考えると苦しくなることもあるので、先を見据えてお金を使う。今の自分が何にどれくらいのお金を使っているのか、その中で削れそうなものは何なのか1円でも削れば積もり積もって1000円になる。1000円あればランチに行ける。家計簿は思いのほか面倒なものではなく、自分に合ったものを見つけるのには苦労しましたが、それを見つけてしまえば長く続けていけます。苦しいなら、まず今までの生活を振り返ってみて、ダメなところを直していきましょう。それをするだけでも少しずつ前向きな気分になって先に進めるようになります。

どうにもならないことなんでそうそうありません。身を削ればそれだけの収入は得られます。周りに相談してみて、解決することもあります。お金があまりないことを相手に伝えていれば、それ相応の対応をしてもらえます。高いランチでなくファミレスで。買い物も、自分は買わず付き合って一緒に選ぶことで楽しむ。そうして私は乗り切りました。

月々払っても減らない借金を返済する方法

財布からお札を出す

私は学生の頃、学生ローンから3社で約150万円の借り入れをしていました。今から17年前くらいになるので、27パーセントの今でいうグレー金利だった思います。その為、月々の返済額は6万くらい。こんなに月々払っていても元本は全く減っていかないのが現実で、払っては借りて支払っての繰り返しで悪循環でした。

これは、ある程度まとめて払っていかないといつまでたっても、返済できないと思い、自分の生活を見直すことを考えました。まず、自分の1ヶ月にかかる生活費を実際に紙に書きました。家賃、PHSは親が払ってくれていて、その他に仕送りを6万円もらっていました。自分は光熱費と食費、定期代等を払っていた状況です。生活は質素でしたが、3ヶ月間は食費をかなり切り詰め月2万5千円に抑えました。

定期は買わず、可能な限り自転車で行けるところまで行きました。バイトもしてそのお金は月に10万円くらいを全て返済に充てていったのです。正直学校に行かずバイトをして25万円くらい稼いだ時もありました。まずは、1社づつ減らしていきたかったので、20万円以上の入金を1ヶ月ごとにしていきました。すると、5ヶ月目で1社を返済できました。完済した1社にまとめたい話をしましたが、受け入れてもらえなかったのを覚えています。こうやって、また同じことを繰り返し、社会人1年目の夏ころには、完済することに成功しました。