軽い気持ち、重くのしかかる現実

封筒に入った3万円

カードによるキャッシングって一見、物凄く便利ですよね。 毎月の収入で『足りないなぁ』なんて時にクレジットカードがあれば街の至る所で簡単にお金が引き出せるんですから。 ……ただ、ソレは簡単操作でお金が引き出せる便利さはあっても、自分の口座にある自分のお金を引き出すのとは大きく違いますから用心しないといけません。

ある日、なんとなく財布の中が淋しくて『飲みに行くお金が足りないな…でも、今月はちょっとお金使い過ぎてるな』なんて思ってクレジットカードをATMに入れて3万円ほど借りてみました。 その時は軽い気持ちでしたし、便利だなぐらいにしか感じていない上に一括払い、リボ払い、分割払いの違いなんて気にせずにでしたから、毎月定額で返せるならリボ払いな感じで借りました。 勿論、遊びの為に借りたお金なので使うのはほんの一瞬ですよね。

軽い気持ちで借りてみたものの、結局はキャッシング=借金ですから、返済義務が生まれるし、当たり前に返済期限も生まれます。 返済しなければならないという思いが生まれたら正直、入ってくる身入りと返済日までに返済しなければならない金額を差し引いて考えたら色々と欲しい物ややりたい事、生活面を我慢して返済に充てないといけない重い現実との差し引きなんかがあって後々がキツイです。 消費者金融会社のCMで『御利用は計画的に』って言いますが、正にそのとおりだし、なるべく御利用しない方が良いです。

返済時に苦しい思いをした経験から、自分はクレジットカードを作る時にはキャッシング枠を0にしています。 クレジットカードも身の丈に合った使い方が大切ですね。