リボ払いでの借金地獄スパイラル

ゲーム課金のイメージソーシャルゲームでの課金が借金の始まりでした。よくあるガチャによる課金です。友達や仲間との差を見せつけたい、ゲーム内で強くなりたいという思いから、ガチャで強いキャラを当てるために課金は必須でした。ひどい時は何十万と使って欲しいキャラを狙った時もありました。

当てた時の快感はとてつもなく良いもので、当時は何の気もなしにガチャを回していました。ある時カードでの支払いが厳しい月が出てきた為、リボ払いでの支払いをしてみました。毎月一定額の支払いで使える為、支払いが厳しい月はリボ払いでしのいで生活していました。しかし、気付けば何十万とリボ払いでの借金がたまっていき、利息も高く中々返せない日々が続いていました。

さすがにこのままではまずいと感じたので、利息の低い銀行からローンをしてリボ払いの返済を一括で完了し、リボ払い地獄からは抜け出す事が出来ました。リボ払いの危険さを身にしみた辺りから、借金に対する考えが悪に変わり、一刻も早く銀行のローンも早く返さないと行けないと思い、結局は積み立てを切り崩し、借金完済に至りました。現在はソーシャルゲームやその他ゲームでの課金は一切しておらず、あの時の苦い思い出があるので、もう二度としたくない思いです。

もう絶対に借金はしないと決めた

破産に怯える男性

始めは「1週間以内に返済すれば利息は0円」という会社でカードを作りました。「来週、お給料が入ったら返せば大丈夫」と思い、借入をしました。始めの頃は1週間以内で返済していましたが、そのうちだんだん借りる額が大きくなって、1週間では返せなくなりました。

利息も、最初は「これくらいなら」という感じでしたが、どんどん膨らみ、その会社の返済のために違う会社から借りるという最悪な事態に陥りました。最終的には、3社から借り、A社に返すためにB社から借り、B社に返すためにC社から借りるという何重もの借金をする結果になり、自己破産を考えたこともありますが、自己破産は将来いろいろな面でネックになるとも聞いたので、そこはなんとか思いとどまりました。

何年も家族に言えず一人で苦しんでいましたが、なんとか家族に相談し、家族からお金を借りたり生活費削って返済にあてて、何年も苦しい思いをしながら完済しました。今は、もう絶対にカードローンは使わないと決めています。1週間以内で返せたときは、利用して良かったと思っていました。それができる人には良いサービスだと思いますが、それができなくなる借り方をしてはいけないと実感しました。

借入額の上限は引き上げてはいけない

飛んでいくお金

震災後に家に住めなくなり、引っ越し費用、生活立て直しの為に20万の借入。当時職場を失い無職でも借入られたのは非常に助かったし感謝もしているが、自分にはその管理と返済のシミュレートが出来ませんでした。毎月5千円の返済額は大きく、それを返すだけでギリギリの状況でした。

二年ごとの住居の更新料があったり、家電が壊れたり、病気怪我で医療費が必要だったり、予想外の出費ばかりで、完済には程遠かった。更に状況が悪化する原因は借入額の上限を引き上げる申請が出来てしまった事です。30万に引き上げて月六千円の返済。毎月千円上がるだけで十万借りられるなら、それを元手になんとかなるだろうと思っていました。しかし、どうにもならず40万と言う収入証明書なしで借りられる上限に達し月の返済額は七千円。未だ全てを返済出来ていません。

利息を考えればとっくに借入額の倍以上払っているます。しかし一括で返済出来るまとまった現金ではない為こうなってしまいました。まだ自力でなんとかなると考えている人は、相談出来る親族がいるならばした方がいい。長く借りたからと言って返済額が減ったり利息が軽くなるなんてことは一切ありません。返済日を過ぎてもいつ返せるか聞く連絡が来るだけで遅延損害金が着々と積み重なって更に泥沼になるだけです。