借金は出だしは些細なきっかけでした

スロット

借金の本当の怖さを実感しました。始まりは本当に些細なことでした。3年前、ギャンブル好きな彼氏が出来たときに私も影響され、手持ちのお金がなくなってしまったときに、所有していたクレジットカードのキャッシング枠を初めて1万円使用しました。

そのときは、あくまでも生活費を一時的に借りて、ちゃんと働いていたので次の給料で一括返済し、ちゃんと終わりにする予定でした。でもそれが私の借金生活の始まりになりました。たかが1万円なので軽く考えていました。一度キャッシングに手を付けてしまうと、困ったときに気軽にお金が手に入る楽さを知ってしまいました。そのときは利子や借金の重さを理解していませんでした。

また困ったら借りて…の繰り返しをするようになり、最初は生活費をキャッシングしていたけれど、徐々にギャンブル代をキャッシングするようになっていました。たまに勝ったら多少返済したり、またギャンブルに使ったり、負けたらまた借りたりと、金額は少しづつ増えていきました。私のクレジットカードの限度額はたまたま大きく設定されており、気が付いたら限度額いっぱいまで借りていました。

私はクレジットカードを3枚所有していましたので全部、限度額いっぱいまで使いました。その頃になると、ギャンブルに依存していて生活費もなく、仕事も休みがちになっていて、生活をキャッシングで賄っている状況になっていました。返済と生活を立て直す為に、一度まとまったお金が必要だと思って、私は別のカードを作りました。

クレジットカードではなく、それは消費者金融です。若干不安に思いつつも、立て直す為に…と言い訳をつけて作りました。結局そのカードもギャンブルに使い切り、多額の借金だけが残りました。このままではまずいと思い、仕事を始めて返済計画をしっかり建てて、考えを改めました。借金の怖さをやっと知ったのがその頃です。返しても返しても利子が大きく、あまり元金は減りません。

毎月の給料の半分以上は返済で消えてしまうので残ったお金で家賃や生活費をギリギリやりくりしています。最低返済金額だけを返していれば、そこまで毎月苦しくはないと思いますが、借金を背負っている現状が嫌で嫌で、早く終わらせたい為になるべく沢山の返済をしています。

きっと最低返済金額だけ返していたら8年以上かかると思います。借金を抱えたままじゃ、結婚も出来ません。当時の彼とは別れて、現在1人で借金返済の為に働いて生活しているような状況です。これが終わらないと新しい恋人も作れないし結婚も出来ません。自分の未来を想像すると、とても怖いです。今はもう後悔しかありません。

ちょっとキャッシングが借金300万円へ!

悩む女性

私が初めてキャッシングを利用したのは、新卒で働き始めてから1年ほどした頃です。初めはちょっとお金が足りないので1万円と少額でしたし、返済もすぐできていました。しかし、職場が転勤の多いところで、知っている人が誰もいないという寂しさから、毎日のようにパチンコに行くようになってから私の人生が変わりました。

キャッシングを利用して数年経つと、利用額は200万円を超えていました。借入金で返済を行う日々です。ついには、消費者金融からお金を借りていました。その頃になると、お給料の大部分を返済にあてるようになっていました。しかし、パチンコは辞められず、反対にパチンコで返済しようとさえ考えるようになっていました。

普段から返済のことで頭がいっぱいでしたが、借入金は一向に減らず、増えていく一方。ちょうど仕事でも嫌なことが重なり、仕事を辞めたいと考えるようになりました。しかし、借金を返済するためには辞めるわけにいきませんでした。

親にも言えず、兄弟にも言えず、恋人にもいえませんでした。そんなある日、元カレに会う機会がありました。この元カレにはなぜか借金のことが素直に言えました。これをきっかけに、この元カレとよりを戻すことになったのです。そして、結婚と同時に仕事を辞め、ついには300万円となっていた借金を夫となったこのカレが返済してくれたのです。

その時は神かと思いました。しかし、この夫はことあるごとに「お前の300万円の借金をおれが払ってやった」というようになりました。結婚当初は、この借金の話はこれ以上はしないと約束していたのですが、そんなことはすっかり忘れているようです。しかし、実際に返済してもらっているので何もいえませんし、この借金に関係ないことでも言い返しにくくなります。このことが私にはとってもつらいです。あのまま仕事を辞めず、パチンコを辞めて真面目に返済していればよかったと後悔する日々です。

子どもが産むことができないと泣きました

赤ちゃん用の靴

結婚前から私の旦那は色んなカード会社から借金をしていて、総額150万ほどの借金がありました。それに加えて私と旦那の奨学金返済もあり、毎月約14万円を返していかなくてはならず、生活はやっとの状態でした。そんなときに発覚した子どもの妊娠。

経済的には厳しいけれど、ずっと欲しいと望んでいた子どもの妊娠は嬉しくもあり、多少無理してでも頑張って産みたいと強く思いました。しかし、周囲の反対の声はとても大きく、旦那も黙ったままで、私は1人ただただ産みたいと泣くことしかできませんでした。計画的な妊娠ではなかったので私たちの無責任な行動が悪いことは理解していますが、それでも旦那に借金が無ければ、お腹の中のこの子はみんなに祝福されて産まれてくることが出来たのに、と思わずにはいられませんでした。

旦那は結婚前の社会人になりたての頃、遊びたいお金欲しさについカードに手を出してしまい、気づけば何枚ものキャッシングカードが手元に残り、全てのカード会社に上限額まで借りていて、お金が借りられなくなってから事の重大さに気づいたそうです。結婚した頃は一緒に返していこうねなどと私も言っていましたが、子どもの命を犠牲にしなくてはならないと知ってから、旦那が遊びにつかった借金の返済の方が、お腹にいるかけがえのない可愛い赤ちゃんよりも大切だと、社会に言われている気がして、絶望感と喪失感と無気力さだけがその後私を取り巻いていました。

借金は恐ろしいものだと身をもって知りました。

簡単に利用できる点が落とし穴です

散在して落ち込む男性

今から20年近く前、どうしても欲しい商品があったのですが預貯金もほとんどない状態でしたので、悩んだ末にプロミスでお金を借りることにしました。申し込みは当時流行っていた無人契約機で、無事審査は通ったのです。そして欲しかった商品を購入して満足できたのですが、20万円の申し込みをしたのに対して枠は30万円になってしまいました。

「多めに申し込めば何かと便利ですよ」と申し込んだ際の電話口でオペレーターに言われ、何となくそうしてしまったのです。でしばらくは利用することなく返済を続けていったのですが、ある時電話がかかってきて、「返済がちゃんと行われているのでお客様なら50万円まで利用することができますよ。」と告げられたのです。少し悩みましたが、まあいいか、と考え手続きに入ってもらいました。

実はこの当時パチスロにハマってしまい、最初は自分の給料のみで楽しんでいたのですが、今よりもあおる仕様のパチスロ機がブームでしたから、すぐに給料はなくなり、とうとうプロミスのお金を使うことにしたのです。数か月で限度ギリギリまで使い果たしてしまい、今度は自らプロミスに電話をして増額して欲しい旨を告げました。そして100万円までならokの返事をもらい、そのお金でどんどんのめり込んでいくことになるのです。

あとは負けては引き出し、負けては引き出し、という作業を繰り返していくことになります。たまには勝つこともありましたが、ホールに通う回数に比例してトータルの負けはどんどん大きくなっていきます。プロミスでそれ以上借りるのは何だか気が引けて、次はモビットに連絡してみると、すんなりと借りることができ、後は同じ作業の繰り返し。その後はアコム、アイフル、レイクと借りていって最終的には毎月の返済額が給料とほとんど同じになり、どうにもならないと感じたので借金整理することに。

自分が悪いといえばそれまでなのですが、キャッシングやカードローンは簡単にお金をATMから引き出せることができますから、しっかり自己管理しないとまるで打出の小槌のように錯覚してしまい、バンバン利用してしまうので、これから借りようと考えている方は、こんな例もあるということを覚えておくのもよいと思います。