生活のために借りたお金で生活が苦しくなる

¥のマーク

主人に分からないように生活費として借りました。総額20万です。でもこの20万、毎月13000円ずつの返済で、元金が1万減る予定でした。毎月1万なら…軽い思いで、足りない出費を補うために借りましたが、いざ返済となると毎月13000円が思ったより難しく、1ヶ月遅れてしまったことがありました。

すると元金が全然減らず…そこからが本当に大変でした。元々生活費に余裕が無いのにさらに圧迫され、借りたのは一体何だったのかという感じです…。

よく調べもせず借りてしまった。「たった20万だから」の、安易な気持ちが返済を長引かせ、今もなお返済中です。

そして私が何よりも失敗したのが、内緒にして借りたことです。内緒だった為、ばれずに何とか毎月やりくりをして返済をしている為、余計に家計を圧迫しました。毎月返済すると、次の月には1万円がまた借りれる枠としてできるので、それを知った時、1万だけなら…とまた借りてしまい家計をやりくりしたのが現状です。

しかし、実際には借金が減る事はなく、借りた当初と何も変わらず毎月ただただ、13000円のお金を捨ててるようなものだと気付きました。丁度その月に主人に借り入れしていたこどが分かってしまい、大変な事になりました。正直に話し、今はしっかりと毎月返済をしてますが、それでもまだまだ終わりません。

今回、元々は生活費が足りず借りたこの金額、今思えばそもそもが20万も必要無かったし、借りるとどうなるかということを、よくわからずただ埋め合わせにという安易な気持ちで動いてしまった行動が、周りに迷惑をかけてしまい、結局生活が楽になってないことがよくわかり、本当に馬鹿なことしたなと反省しました。

この返済が終わったらもう2度と借りることはないです。返済期日が少しでもすぎると電話もかかってきます。ハガキも届きます。ましてや嘘をついての借り入れは自分を苦しめるだけです。相手がいる場合は、信用も無くします。もし借りようとしている人がいたら、もう一度、今すぐ絶対に借りないといけないから考えてみてほしいです。生活力のない人程、借りようとします。

絶対に追いつかなくなると思うしづらくなるので私の失敗談が誰かに届けばと思います。

まさに自転車操業になってしまった

受話器のイラスト

当時の私は定職に就かない夫がいて安定した収入がなく 生活をするにもままならなかった状況でした。そこで1~2か月分の生活費を借りるつもりでキャッシングを利用。限度額いっぱいの50万円でした。

とりあえずの生活はなんとかなりましたが、返済の頃になりたった1~2万円の返済ができず、また別のキャッシングで借り入れることになってしまったのです。そこでも限度額いっぱいの50万円。トータルで100万円と利息の借金ができてしまったことになりました。

私は仕事をしていたのですが、給与と支出のバランスが崩れてしまい、返済には本当に頭を悩ませました。いったん月々の返済額を返済し、またそこからのキャッシングと、元金が減らないままの状態。そのうち返済を滞る時も出てきてしまいました。

任意返済で、返済できる時には少し多めに返済していったのですが、なかなか残債が減ることもなく、結果的に自転車操業となってしまいました。職場や家にも電話がかかってくるようになり、本当に仕事をしていても仕事に集中できる日が少なくなってきてしまいました。
もちろん家にいても、また催促の電話がなるのではないか?と心配になり、心休まる時もありません。

心身ともに疲れ切っていたのを思い出します。

お金を借りることができて助かったのは助かったのですが、大変な思いの方が多かったです。100万円のうち半分の50万円を返済したころには、正直な話ホッとしたのを覚えています。あと半分!と思いながら、また心配との戦いの中での生活は本当に苦しくてつらかったです。

私に借金ができたことを知った私の家族(母)が、見るに見かねて残債を支払ってくれるという提案をしてくれたのですが、その時の私はすでに成人していて、しかも結婚して外へ嫁に行った身だったのであまえるわけにもいかず、本当に情けない思いばかりが募っていました。
もう少し頑張ってみて、それでもダメだったら、母に頭を下げようと思っていたのですが、母は私が憔悴しきっている様子を見るのがつらいからと言って、残債を支払ってくれました。

この件があってからというもの、私はすっかり肩身の狭い思いをすることになりましたが、催促の電話やはがきからは解放された瞬間でした。

キチンと使えば案外便利。でも、乱用危険!

頭の痛そうな女性

少ないお給料の上、一カ月に数回の結婚式は、嬉しくもありまずが地獄でもありました。私が持っているクレジットカードのキャッシングを利用したのは、その頃です。

絶対頭に入れておかなければならないのは、自分のお金ではないという事です。最近は銀行のATMから簡単に借り入れ出来ます。自分のお金と錯覚しそうですが、1万出金すれば1万借りたという事。そして返済しなければならないという事。当たり前のことですが、これが頭から抜け落ちて借りすぎてどツボにはまる人は本当多いものです。

本当に大変な時は、長い人生の中で必ずあります。そういう時にキャッシングを利用することは悪いことではありません。使い方さえ間違えず最小限にとどめていれば、キャッシングはとても頼りになるサービスです。推奨しているわけではないですが、助けてもらうという観点からすれば、充分選択肢の1つになると思ってます。

無理しない返済。これも大事な事です。私は毎月の定額制にして、ボーナスなどでまとめて返すようにしてました。絶対注意するのは、キャッシングを趣味に使わないという事です。例えば、洋服買ったりキャッシングして旅行行ったり。あくまで、自分に余分な現金がない時に必要に迫られた場面での最終兵器だと思った方がいいという事です。

お金が必要な時に用意出来ないからとと 必要以上に嘆くのはナンセンスだし、精神衛生上もよろしくないと思います。そんな時は、我慢せず助けてもらった方がいいです。

使い方さえ把握しておけば、やはり便利な物です。賢く使う。これが鉄則だと経験上からも断言できます。