子供の学費支払の直前に給料カット!

学校の建物主人の会社の給料が大幅に下がり、家計がかなり苦しくなっていました。そんな時に子供の学校の学費を支払う期日が迫り、お金がどう考えても足りません。借り入れるかどうか迷いましたが、どうしても期日までに資金繰りできず、仕方なくキャッシングすることにしました。
金利は決して安くないので、できる限り借り入れは避けたかったです。それに、一度借りると次々と同じ状況になった時に、安易に借りてしまいそうで自分自身がちょっと怖くなりました。
借りれたからには毎月返済していかなければなりません。収入が増えるアテもなく、そのこともとても不安でした。主人の会社の給料が元に戻る事は有りません。「今月も足りないからまた借りよう…」と、雪だるま式に借金が増えていくのではと、毎日が心配の連続で本当にこれで良いのかと思っていました。

子供をそれなりの学歴のある学校へ通わせるのはとても大変だと思いました。早く景気が回復して主人の給料が安定してほしいです。二度と借金はしないようにしようと思っています。

少しでも早く留学したかった。

パスポートと飛行機私は将来、海外で働く夢のためにも借金をしてでも留学をしたいと思いました。英語力を身につけ、スキルアップしたいからです。ですが十分な貯金はできていません。以前からお金を借りることに抵抗があったのでなるべく借金はしたくなかったのですが、親に頼ることも出来ず悩んだ末、仕方なくキャッシングを利用。

学生だったので心配でしたが、近くの消費者金融で手続きをして審査が通ったときはすごく嬉しかったです。こんなに大金が簡単に借りられることに舞いがってしまいました。

その反面、借金をしてしまったという不安がだんだんと押し寄せ、これからどうしよう、どう返していこうという気持ちに変わってもいきました。借金をかかえるということはこんなにも荷が重くて大変なことなんだと実感しました。

留学後は、就職先が見つかるまでの間はアルバイトをしながら少しずつ借金を返済していこうと思っています。